2020年7月豪雨で被災した「めがね橋」

 以下は全て,本会の「掲示板」に会員の皆様が投稿された情報です。全国の石造めがね橋情報,宜しくお願い致します。メールでも構いません。
 
◆<令和2年7月豪雨>  投稿者:中村まさあき様(2020年 7月19日)
この7月の記録的な大雨を気象庁は「令和2年7月豪雨」としています。各地の被害状況が報道されていますが、石橋に関する報告は多くありません。そんななか、熊本県八代市の東陽石匠館には同市泉町の「髙原橋」が被災したとの情報が寄せられました。7月14日に上塚寿朗館長が現地で撮影した画像を入手したので紹介します。

髙原橋(7月14日、熊本県八代市泉町)
取付護岸付近の石積みが崩落


 
◆<令和2年7月豪雨>  投稿者:中村まさあき様(2020年 7月19日)
7月18日に福岡県大牟田市、熊本県荒尾市と玉名市の石橋を回りました。大牟田市の早鐘眼鏡橋と陣屋眼鏡橋、荒尾市の八幡橋、玉名市の高瀬目鏡橋と秋丸目鏡橋、石貫車橋は一見して被害はなかったように見えました。荒尾市の岩本橋は分水路が整備されていたおかげで大きな被害はなかったように見えますが、輪石にひび割れや欠けた箇所があり、壁石の内部から水がしみ出ているところもあるため、石橋の健全度調査が必要に思われます。

岩本橋(7月18日、熊本県荒尾市、県指定重要文化財)
以前からはらみが見られた下流側の水切り石上の壁石が湿った色をしている。
石橋の上流20mほど先の川沿いの道路が陥没して通行止め。石橋のアーチ下へも進入禁止の状態


 
◆<令和2年7月豪雨>  投稿者:中村まさあき様(2020年 7月20日)
福岡県八女市上陽町の「尾久保橋(本谷橋)」が7月の豪雨で被災しているとの情報が「ほたると石橋の館」(同町)の内田理絵館長から寄せられました。
すでに被害調査が行われており、洗掘により基礎部に段差ができているほか、輪石に長い亀裂が入り石積みに損壊もみられるようです。
同橋は橋幅4.86m、径間3.6mの単一アーチ橋。架設後に新たにアーチ橋を併設するかたちで路面の拡幅が行われており、今回の基礎部にできた段差は、隣接するつのアーチの接点で起こったようです。
この石橋が今後どうなるのか、注目したいと思います。


 
◆<令和2年7月豪雨>  投稿者:中村まさあき様(2020年 8月 2日)
熊本県八代市地域の石橋を見てきました。本年度「日本遺産」に認定された八代市指定有形文化財の「赤松第一号眼鏡橋(赤松橋)」(写真上、中)の被災を確認。高欄が橋の路面に崩落し、壁石の一部が損壊、特に上流左岸側に被害が見られました。
「須田橋」の本体は無事で、左岸側の取付護岸の約2m上流の石垣が崩落した状態(写真下)。
八代市の「新免橋」「太平古橋」「太平新橋」「小薮橋」「鑑内橋」は無事でした。
球磨川に架かる橋が流失した坂本町が気になっているのですが、町へ通じる国道219号はまだ通行止めの状態です。
 

石橋ライブラリ   ホームページ